MENU

自転車保険のおすすめとその補償額について

自転車での事故は増えています。

 

自転車と言えども車同様に車両でスピードがでれば、凶器になり高齢者との事故になると死亡させることもあります。

 

ですのでこの賠償金にための自転車保険の加入は必須で、特に自転車にのる家族が多くまた小中高校のお子さんのいる家庭では加入していないと大変リスクが高いことになります。

 

自転車の画像

 

というのも、近年の自転車事故での損害賠償の額は高額になってきており、この事故を起こしたものが未成年者であれば親権者は、監督責任を問われて多額の賠償金を命ずる判決はでています。

 

この事案は死亡ではなく、事故後の後遺障害が重いものであったので生活保障の内容は濃いものですが、死亡させるとさらに高額な慰謝料請求があるかもしれません。

 

 

こうした高額賠償金のリスクを自転車保険の給付金によって緩和することができます。

 

おすすめなのは、公共性の高い団体が行うもので各都道府県の市民共済組合が募集してい保険です。

 

このような団体は営利性がないのでスピーディーに給付金の支払いをしてかつその賠償金の限度額も高いです。

 

賠償金が高額だから保険料も高いように思われますが、共済なので営利性よりも共助のものなので安いです。

 

この保険に関して、一般の損害保険会社よりもコストパフォーマンスがすぐれています。

 

損害保険会社でも賠償額をあげることができますがその分保険料があがります。

 

もし損害保険会社での加入を希望であれば、対面販売のコストをカットしているネット専業の損害保険会社であれば、思っていたパフォーマンスが得られるかもしれません。

 

 

いずれにしても裁判における賠償金の額が一億円に近付いているので、たかが自転車事故とは考えず備えておくことにこしたことはないです。

 

話題の自転車保険のメリットとは

誰でも、気軽に乗れるのが自転車のいいところです。

 

しかし、近年はその自転車での事故で歩行者がケガをする案件が増加しています。

 

特に事故で、被害者に障害が残りその民事訴訟での賠償金が1億円近くになったニュースはまだ新しいものです。

 

このような、大きな賠償金が話題となりそこから自転車保険も存在もクローズアップされています。

 

簡単に、子どもでも乗ることができるので普段は忘れがちですが自転車も事故を起こす可能性は高くあります。

 

自転車は、自動車と同じ扱いになり同様の罰則規定があるからです。

 

自動車の扱いは、法律的には道路交通法上では軽車両として扱われています。

 

相手が歩行者の場合にはこちらが加害者になるケースがほとんどです。

 

高額な請求をされることもあるというのが、先の裁判で明らかになりました。

 

そうしたときに、対応ができるのが自転車保険のメリットです。

 

自動車保険のメリットには、家族型の契約になっているものが多くあり子どもの事故にも対応ができます。

 

ペダルの画像

 

そして、自分が自転車にのり転倒をしてケガをした場合でも保障がされます。

 

気になる保険料も自転車に特定してあるので比較的安い価格に設定されていることも加入がしやすくなります。

 

低価格の保険料で、自転車での安全を手に入れることができます。

 

最近は、1年に自転車事故で死亡するケースも増加しています。

 

他人事ではなく、自分のことと置き換えるとやはり自転車保険に加入するのは今は自動車の任意保険のようになっています。

 

事故をしてからでは、間に合いません。

 

加入は、近くの自転車ショップやネットからも申し込みができます。

 

自分だけでなく、家族のためにももしもに備える必要がある時代です。

 

 

自転車保険は自転車に乗らない人にも必要

自転車に乗る子供の画像

 

自転車による事故は自動車事故と比べると自分が加害者になる可能性は低いです。

 

しかし被害者になる可能性は十分にあり、万が一加害者になると大きな責任をとる必要があります。

 

自転車事故によって問われる責任は刑事責任と民事責任です。

 

刑事責任では自転車事故で相手を死傷させた場合で、7年以下の懲役またか禁錮、100万円以下の罰金に処されます。

 

事故によっては被害者に起訴されて、実刑判決を受けたケースがあります。

 

民事責任は被害者に対して治療費や休業損害、慰謝料を払うことで、子供など責任能力がない人が加害者でも、その監督責務者に高額な損害倍書命令が下されます。

 

他人をケガさせたり他人の物を破損した時は、自転車保険でカバーできます。

 

個人賠償責任保険も有効ですが、自動車保険や火災保険などの特約として加入するため、単体では入ることができず、中高校生には不適切です。

 

 

また加害者と被害者の両方に過失が認められれば、実際の損害額をカバーできないことがあるので、自転車保険で自分のケガを補償する保険を選びます。

 

自分が被害者になると加害者と示談交渉をしなければなりません。

 

加害者が自動車保険に入っていれば弁護士を通してスムーズに示談が成立しますが、加入しなければ示談がなかなか進みません。

 

よって弁護士費用特約を利用します。

 

一方的にケガをさせられたのに治療費を払わないなどのトラブルにも対処できるので、必要なお金をもらえる可能性が高いです。

 

自転車は子供でも自由に乗れますが、大人と比べて視野が狭いので、事故の危険性が高いです。

 

事故を防ぐことも重要ですが、ケガをした時に適切な治療を施すためにお金も準備しなければならないので、自転車保険は加害者だけでなく被害者にも必要です。

 

 

人気の自転車保険である損保SBIの特徴

街の画像

 

人気の自転車保険は、保険料の安さだけでなく事故を起こした時の迅速な対応など総合的に優れているサービスです。

 

最も人気があるのは、SBI損保の自動車保険です。

 

ネット損保なので、人件費などを極力減らしているため非常に安い保険料を実現しています。

 

インターネットで予約すれば1万円が割り引かれます。

 

事故を起こしても24時間毎日対応できるので、安心です。

 

交通事故だけでなく近隣や夫婦間のトラブルなども相談できる弁護士がいて、無料の電話相談に対応しています。

 

事故や故障で走行不可能になると不安になりますが、SBI損保では保険の契約者全員に無料でロードサービスを提供しています。

 

ロードサービスの拠点は全国におよそ9680ヶ所あるので、緊急事態でもすぐに駆けつけてくれます。

 

車が壊れた場合は、最も修理工場まで無料で運び、自分で工場を指定しても50kmまではお金がかかりません。

 

 

さらに保険期間内に一度だけ無料でガソリンを10L提供したり、バッテリー上がりや鍵の閉じ込めなど30分ほどで対応できるものも無料です。

 

保険料は年間の走行距離がどれだけ長くても変わらないので、夏休みや年末にだけ車で長距離を運転する場合もお得です。

 

SBI損保では顧客のライフスタイルにできるだけ合わせて契約するので、それぞれ保険料の基準があります。

 

例えばゴールド免許であればおよそ10%の割引、運転するのが契約者一人の時は最大で8%も安くなります。

 

車の使用方法に関しては休日やレジャー、通勤、業務用の3つの中から選び、それぞれ保険料の算出方法を変えています。

 

希望者には事故を起こさないように「成田山交通安全御守」をプレゼントするなど、顧客の安全にも配慮しています。