自動車保険のオプション

MENU

オプションで自転車保険を

自転車保険

 

現在の自動車保険はかなり種類が豊富であり、様々な特典やオプションも付随されています。

 

任意保険も対人や対物のみならず、自分の車や同乗者、更に家族に対しての補償もあるという大変心強い内容となっています。

 

自動車を運転する人というのは、様々なタイプや年齢層に分けられますが、そういった中で、あまり数は多くありませんが、無保険車に遭遇してしまうという可能性もゼロではありません。

 

そういった無保険者と接触事故を起こしてしまった際に自分を守ってくれる無保険者傷害保険というサービスがあります。

 

 

無保険者というのは名前の通り、保険に加入していない人が運転している車に遭遇してしまうケースであり、その場合は、例え相手に過失があったとしても十分な補償が受けられずに泣き寝入りしてしまうという結果となってしまいます。

 

車を運転する際は自賠責保険に入らなければならないのですが、盗難車や無免許運転ドライバーの人達は当然自賠責保険にも入っていません。

 

そういった車両に出会う確率は極めて低いですが、万が一遭遇した時は痛い目に遭いますので、より安全、安心して車が運転できるように、無保険者損害保険には言っておく事を強くお勧めします。

 

通常の任意保険の項目には入っていませんが、SAPやPAPと呼ばれる組み合わせ任意保険の商品には標準で付随されるサービスとなっています。

 

ちなみに無保険者というのは盗難車などだけではなく、運転者年齢条件特約付きで任意保険に加入しているものの、その条件に満たない年齢の人が運転して、その車に当てられたという場合も無保険車となります。

 

 

最近では自転車保険をオプションで選択できるサービスもあり、月間数百円程度なので利用してみるのもおすすめです。

 

しっかりとした保証がついているので、安心できるのが嬉しいです。